精神状態を良好に保つには筋トレが最強!

広告


広告


先日、私の友人よりこの方の本を紹介されました。

Testosteroneさんの、【筋トレが最高のソリューションである】



Twitterで多くのフォロワーがいらっしゃるので、もしかしたらこの方のツイートを見たことがある人も多いかもしれません。

かくいう私も、ハンドルネームや書籍を上梓していること、そして数々の名言で綴られたツイート(!)くらいは存じておりました。

しかし

この書籍のすごさは、そんなTwitterに登録してフォローすれば見られるだけのものではありませんでした。

もちろん、著者のツイートだけでも心を動かされ、実際に提言しているような筋トレなどの行動に移した方も多いと思われますが

それ以上に、この本の内容や発言の一つ一つが、それこそマッチョメンの筋肉の塊のごとく重みがあるのです。

通常、こういった本、それもタイトルからして

「筋トレなんか勧めて人生上手くいく、と指南しただけの内容だろう」

と眉に唾を付けたくなるものですが、そうではなく

この本及び著者は以下の5点において、ありふれた自己啓発本と一線を画しています。

・著者の輝かしい経歴や実績を語るだけでなく、今現在も続けているであろう自己鍛錬を広くわかりやすく勧めているため、読み手が即行動しやすい。

・いわゆる精神論で捻じ伏せるのではなく、❝すぐに出来る❞方法論も兼ねて述べており、説教をしているのに説教臭く感じず、元気が出る。

・時折挟むギャグやコラムで、読者が現状を顧みたとき、必要以上に悲観させないエッセンスが含まれている。

・「筋トレは宗教」「(自傷行為について語るときに)筋トレはある種の自傷行為なので代用になります」など常識外れの発言が、逆にいろんな事情を抱えた人達の救いになっていて、それでいて全く胡散臭くない。

・その他、著者の才覚や文武両道ぶり、書籍の内容等全てひっくるめて、発言の重みが半端ではなく説得力抜群。

まさに極上の内容でした。

とは言え、ある意味タイトルで損している部分もなくはないです。

本文にもあるが「筋トレさえすれば人生上手くいく」という先入観を持つ人には、どうしてもその素晴らしい内容を見る前に手に取ってもらいにくいというケースもゼロではないと思われるからです。

しかし、それは裏を返せば

前向きで堂々としており誠実に生きている著者の人間性を表しているとも言えます。

私は本書が、書いてある内容云々も素晴らしいと思いますが、それ以上に、著者の説得力や行動力、そして人間として素晴らしいところが垣間見える本だと感じました。

本当にこれから筋トレを始めたくなってきました(マジです)。

Twitterで、(誰も見たく出ないであろう)私の体重を公開しておき、かつ定期的に体重の値を更新していきます(←やめろバカ)。

それくらいやる気が湧いてきた本でした。

早速筋トレ始めます!

広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする