伊坂幸太郎氏の小説が嫌いです

広告


広告


 初めに断っておくが、これは炎上目的でも、「伊坂幸太郎の本なんか好きな人は○○だ」とも言いたいのではない。また、人気があることや売れていること自体も関係ない。

 しかし、私は伊坂幸太郎氏の文章を読むと、恐ろしいほどゾワゾワする。負の感情にとらわれ、途中で読むのをやめるほどだ。

 だが、ここまで(私のようなごく一部の人間を)架空の物語というフォーマットにおいて不快にさせる技術を有するのはまさしく才能だろう。そういう意味では伊坂氏を買っている。皮肉ではなく、本気でそう思う。

 ただ私は、読んだときに抱いてしまったイライラを少しでも取り除きたい。その目的で今回は書いている。

 

  • 処女作

 伊坂氏の文章を読んだとき、負の感情にとらわれると書いたが、その「負」とは他でもない「怒り」だ。

 私は氏の著作【オーデュボンの祈り】の他に【重力ピエロ】を読了し、また【アヒルと鴨のコインロッカー】及び【陽気なギャングが地球を回す】を、どちらも5分の1ほど読んで切った。

 最初に処女作【オーデュボンの祈り】。これは普通に面白いと感じた。

オーデュボンの祈り (新潮文庫)

オーデュボンの祈り (新潮文庫)

 

 

 箱庭におけるフィクション性と人間の恐怖、最後のすっきりとした気分は、他の現代小説ではなかなか味わえない。マジックリアリズムの雰囲気もよく醸し出されていて、純粋に楽しめる力作だ。

 

  • 怒り

 しかし、なまじ処女作が面白かったばかりに、他の作品にも手を付けようとしたのが運の尽きだった。

 その後に読んだのは【重力ピエロ】【アヒルと鴨~】【陽気なギャング~】。これらは、購読した後激しく後悔した作品だ。

 まず言えるのが、それらの本は駄作ではない。面白い部分は見受けられるし、ファンにとっては「そこがイイんだな」と感じる要素はある。だから、一々この作者のどこがダメで嫌いなのかを挙げていっても仕方ない。欠点のない文章など、この世に存在しないし、面白いかつまらないか、という意見はいくら論理的に述べようとしても単なる主観の域を出ないからだ。

 だからこれから私が書くのは、純粋な感想であり、それも一言に集約できる。

 それが怒りだ。

 私が読んだ【オーデュポン】以外の上記3作品すべてに、私は怒りを感じた。いったいどういうことなのか、自分でもさっぱりわからない。

 深そうで浅く陳腐な内容、気取った文体、肌に合わない展開や発想、その他。批判できそうな所を無理やりあげようとしても、伊坂氏の文章より欠点の多い文を書く作家などいくらでもいる。実例を挙げるわけにはいかないが、素人以下のクオリティのライトノベルや通俗小説などが、それに該当する。しかし、そのような小説に出くわしたとしても「自分には合わないな」と感じるのが関の山であるし、つまらないという理由ですぐに忘れることができる。

 しかし、伊坂氏の文のように、読んでいて「怒り」を感じる、という小説は、他ではめったに見受けられない。というか小説を読んでいて意味不明な「怒り」という感情を覚える、というケース自体、(少なくとも自分にとっては)レアだ。

 繰り返すが、自分でもなぜ怒りを感じるのか全くわからないのだ。それでも改めて自分なりに理由を考えてみた。文体が稚拙? 発想がお粗末? それとも氏への嫉妬? まったくもって違う。それらに当てはまる作家や作品も、やはり他にいくらでもいる。そしてそういった愚作を乱発したり、逆に嫉妬するような他の作家(作品)に対しても、ここまで強い負の感情を抱いたりはしない。では、氏の文を読んだときに感じるこの怒りは何だ? 何の怒りだ?

 

  • 結局原因不明

 私が伊坂氏の文を読んで怒りを感じる理由は、何度考えてもいまだにわからない。多くの方の意見を集めたいくらいである。デビュー作だけが楽しめた理由も、同様にして不明だ。

 もしかしたら「文やストーリーが○○だから嫌い」という単純なものではないのかもしれない。本当に、数々の小さな要素が集まって、偶然私にとって負の感情を抱くような文で構成されているというだけのことだろう。

 しかしくどいようだが、今まで数多くの本を読んできて、伊坂氏の小説のように読んでいくうちにイライラする作品は他に例を見ない。そこまで思わせるのは、やっぱり氏の才能だと思う。

広告


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ホンマモン より:

    うわー。全く同時期に、全く同意見の人がいらっしゃったので、衝動でコメントします。私もそこまで嫌いではなかったのですが数冊読んで大嫌いになりました。小さな要因は腐るほどあるのですが、私が出した結論は、作者が本物ではないニセモノだから、かな?
    陳腐な人間の発する言葉や文章は、陳腐ですよ。

  2. jiru4690 より:

    ホンマモンさん
    コメントありがとうございます。
    ニセモノだから、という意見は的を射ているかもしれません。
    例えて言うなら、「こちらが真剣な話をしているのに『適当に口から出まかせ』ばかり言われている」のと似たような腹立たしさをおぼえるのです。フィクションなのですから、そのような要素があっても普通は流せるのですが、伊坂氏の場合はあまりにもそれが多すぎてニセモノの自分自身に溺れているのが見え見えと言うか。
    「本当に人間性が深く経験豊富」な人に対して失礼だろう、という感覚すら抱いてしまうのです。

  3. わっしょい より:

    こんなに昔のやつにレスして誰かの目に止まることはあるのだろうか…笑
    自分は伊坂幸太郎氏の大ファンで氏について検索をしててこのページにたどり着きました。他者の感性を否定するつもりは全くないですし、本文に書いてあることにも問題はないように思えます。
    しかしコメント欄での発言には少し疑問を感じます、それこそ伊坂幸太郎氏の小説に限らずライトノベルであるとかそういったものにも当てはまるのではないかと感じるのです。
    まさに何かわからないことがあったことに対してある正当性のない一つの答えを当てはめることでその他の思考を放棄しているようにさえ感じます。
    自分は小学生の頃からずっと読んできた大ファンでありますので否定する気持ちは分からないのですが、そこについては苦言を呈させて頂きます。
    それと陳腐な人間が発する言葉は陳腐というのはホンマモンさんにも同じ感情を抱いたのでその言葉自体には大した力はないと思います。

  4. jiru4690 より:

    わっしょいさん
    コメントありがとうございます。
    確かにおっしゃる通りです。
    本文では、嫌いな理由に関して「原因不明」と書いているのに、コメント欄ではやや結論がついたようなことを書いてしまっている……少し浅はかかもしれませんね、私が。
    そしてこんな昔のやつの記事ですが(汗)あれから氏の作品も読んでいませんし、やっぱりはっきりとした原因はわからずじまいなままです。
    ただ、本文中にも書かれてある通り、この記事は単純に自分自身より発生するネガティヴな感情に対してわかってないといった内容を吐いたつもりでした。しかし、どのようなコメントが来るかも予測せずに、またコメント欄でのやり取りでそのような疑問や苦言に的確にお答えすることなど、結局いろんなことがわからずじまいの私には何も答えられずにいる点につきましては、少々申し訳なくなったりする感覚も覚えます。

  5. アグリ より:

    私も宮部みゆきを読むと吐き気を覚えるのでそんなもんでしょうかね

  6. jiru4690 より:

    アグリさん
    コメントありがとうございます。
    私も、宮部みゆき氏の小説は少ししか読んだことがないのですが、売れている割には結構好みの別れそうな文体だな、という印象を受けたことはあります。

  7. ホンマモン より:

     わっしょいさん、アグリさんレスポンス有難う御座います。(←お前が言うなって)ホンマモンです。クマさんじゃないけどちゃんと見てますよ、リアクションがあるのは。
    いやーわっしょいさんの伊坂愛を感じますね、小学生からって・・・そのような熱さは持ち続けて下さいね、多方面で!
    伊坂氏のネタでちょっと辛辣なコメントが物議を醸しているとの事でお詫びと訂正に参りました(笑)。コメント短めで終わらすために敢えて過激な言葉選んだのは事実ですし。
    まず「ロマン」のウラジーミル・ソローキンが言っている通り作品は作者のモノなので、全否定はしません。ですが、クマさんが怒りを感じているように、伊坂氏の作品は賛否わかれるのも事実で・・・私も否定派です。
    何作品か読んだのは「次こそは!」の期待もあったのですが、「重力ピエロ」でアグリさんが言う反吐が出まして終了。
    クマさんのブログで伊坂氏バトルをするつもりはありませんので言い捨てで申し訳ないのですが、私が最も苦手なのは犯罪者や殺人を犯した人間を美化するところでしょうか。同様に、人が死んでるのに「兄弟の思い出話や機関車トーマスじゃねーよ。」とも。
    一度仙台を飛び出し、川崎や歌舞伎町に長期で取材に行って怖い目にあうのも人生経験かもしれません。(私はその名の通り、ヒリヒリするような経験が現在進行形でありますよ。ウフッ。)
    もし偽物・陳腐と言われたくなければ、殺人や罪を犯せと言っているのではなく“人生経験”を豊富に積む事をお勧めしますね。作者の知識とネットなどの情報だけを作品に取り入れ登場人物にベラベラとお気楽にしゃべらすだけでは、“本物”にはなれないと思います。
    現在伊坂氏が褒められている読みやすさ、伏線回収率、軽さ、キャッチさ、雑学の類と、緻密な取材や人生経験が融合したら、一枚脱皮出でき各世代から賞賛されるかもしれませんね。
     わっしょいさん、気を悪くさせてしまっていたら謝りますが、それだけ注目されている作者と言う事です。賛否両論あるのは宿命ですよ。
    P.S.クマさんの御家で生意気な発言済みませんでした~。

  8. さとう より:

    あくまで僕の場合ですが、伊坂幸太郎の文章は読みやすい、文も稚拙なわけでもない、言い回しが多少陳腐なところもあるが、これも許容範囲。例えば神様のレシピとか。ただ、それくらいに表現力を持っているにも関わらず対象に切り込むことを一切しない。多彩な言葉で深みを匂わせておきながら、その実それらが物語を飾るアクセサリーでしかなく、しかもイミテーションでしかないとわかったとき、なんでコイツはこんなに書けるのに本物を書いてくれないんだ、と思うわけです。僕の場合はそんな理由でたぶん二度と読まないです。

  9. jiru4690 より:

    さとうさん
    コメント及び貴重なご意見ありがとうございます。
    このブログを記載してから幾分経ちますが、やはり伊坂氏の本が好きでない理由がわからずじまいです。
    しかしそのようなご感想もあると知り、またにしても膝を打ってしまいました(^^;
    私もやはりあれから氏の本は読んでおりません。おそらくこれからも。

  10. 私も伊坂幸太郎の文章ダメでした より:

    なんか読んでて不快なんですよね。
    とはいえ、今の大学生なんかにはとても人気ですから、その理由は読書をこれまですごくしてきた人には不向きなんだと思います。
    これまで伊坂幸太郎よりもっと文章力がある作家をよんで気持ち良い文章を知っている人たちには伊坂幸太郎の文章は稚拙で上っ面で不快なんですよ多分。
    読書歴が浅い若い子達には人気なんでしょうね。、

  11. jiru4690 より:

    >私も伊坂幸太郎の文章ダメでしたさん
    コメントありがとうございます。
    最近でも、書店などで伊坂氏の本を見かけるなり、自分で書いたこの記事のことを思い浮かべます。
    そしてその度に、やはり氏の文章は、なかなか自分には合わないと感じるのであります。
    読みやすいと感じる方の気持ちもわかりますしもちろん否定する気は全くないのですが、本文に書いた通り何故自分も怒りという感情を抱いてしまうほどにダメなのか。。世の中には本当にいろんな文章だけでなく読み手の感性があって面白い、という感覚すら覚えます。

  12. すず より:

    なぜだか分からないけどこの人の文章は不愉快だということは誰にでもあると思います。自分の周りの人間を考えてみても人には合う合わないの相性はありますものね。最初はそうでもなかったけど、エッセイを読んでから小説を再読してみたら見方が変わって面白く感じたという経験もありますし、読むときに自分がおかれている状況や気分によっても感想は左右されますし。そういうことも含めて読書って本当に面白いですよね。
    私は伊坂作品が大好きで、何となく調べていたらここにたどり着きました。1つ前にコメントした方に思うところがあったのでコメントさせていただきます。私は、自分が好きな本を好きなように楽しめばいいと思いますし、自分には面白さを理解できないからといってその作品や著者、読者を貶すような発言をする必要はどこにもないと思います。私も伊坂幸太郎の文章ダメでしたさんは、自分のことを「読書をこれまですごくしてきた人」「文章力がある作家をよんで気持ちいい文章を知っている人」だと自称していますね。ここだけ見ても文章が稚拙な印象を受けますが、おまけに若い読者を見下すような捨て台詞つきです。読書は自分の視野を広げ思考を深める素晴らしい行為なのにも関わらず、今までの読書で何も得ていないのではないかと残念でなりません。このブログのこのページしか見ていないのでくまさんが普段どのようなことを仰っているのかはわかりませんが、このような人を増長させると予測できるような文章は書かない方が宜しいのではないでしょうか。インターネットに不慣れな老人のただの願望ですので、気に留めて頂かなくても構いません。かなり前の文章に長々と失礼致しました。

  13. jiru4690 より:

    >すずさん
    コメントありがとうございます。
    確かに仰る通り、私が、本文よりまずコメント内容を予測するという思いに至らなかった記事であることは事実です。実際に、私自身の意見に一貫性のないログがありますし、私も火種を蒔く意図はなかったとは言え、反省すべき部分があると思います。
    しかし、そのような様々な感想を抱いたり発信したりするのも読書の素晴らしさがあってこそ、だとも同時に思います。それに加え、ブログというのも(良い方向に見れば)こうして多くの方の意見をくみ交わせる素晴らしい媒体だと感じており、やはりネットで文章を書くという事は私にとっては意味のあることだと思っております。この記事に限らずです。
    すずさんがこんな昔の記事にたまたまたどり着いて頂いたにも関わらずこうしてコメントを下さったことも光栄に思いますし、様々な議論の中で皆様と読書や作品・作家さんの好き嫌いを感じたり、また論じていくなど、そういったことも含めて全て“読むこと”や“発信すること”の醍醐味だと感じております。
    なので、そんな場をも生んでくれる読書は素晴らしい、と今でも思います。